Amazonで一万円以内で買える!自宅でできる運動不足解消グッズ6選

Amazon
スポンサーリンク

自宅大好き、まるをです

家に居る機会が増えた昨今、皆さんはどうお過ごしでしょうか

出かける機会が減ると、必然的に起こるのが運動不足

お腹周りの肉、気になってきたりしてはいませんか?

そこで今回は

  • 室内で運動したい
  • 安い値段で買いたい
  • 場所を取りたくない

このような人にオススメしたい運動器具をピックアップし、紹介していきたいと思います

それでは早速いってみましょ~

スポンサーリンク

トランポリン

跳ねて楽しいトランポリン

こちらの商品は直径約92㎝102㎝の大きさの物から選べます(値段は500円程度の差あり)

本体重量は約5㎏。折り畳み式で運びやすい仕様になってます

耐荷重ですが、80㎏までは製品テストでクリアしているとのこと

なので80㎏を超える人が使うにはちょっとオススメできないかも

耐久性については『すぐ壊れた』なんて意見も見られますが、販売元の山善さんは素早く親切に対応してくれるので、替えの部品なんかも直ぐに届くようです

たった5分でも運動皆無の人がやると全身筋肉痛になるらしいので、運動効果は凄まじいと言えます

振動音も気になる程ではないようですが、防音マットを使用することでかなり音を小さくすることが可能

ちなみにこれ二つ買ってもちゃんと1万円以内で収まるのでご安心を

バランスボード

バランスボールではありません。バランスボードです

こちらの商品は直径40cmという小ささで非常にシンプルですが、乗っているだけで効果を期待できる優れもの

全身の筋力鍛錬体感トレーニングに特に有効です

慣れてくるとスマホで動画を見ながら乗れるくらいになるそう。ながら運動に打ってつけですね

もちろん立ってるだけじゃなくスクワットしたり片足で立ったりしてもOK

腰痛神経痛が治ったという意見もあるので、運動効果はかなり期待できる模様

値段も2000円台と安く、効果を考えれば相当なコスパ

運動が苦手な人でも扱いやすく、場所も取らず持ち運びも楽なので、初心者向けで導入しやすい器具と言えるでしょう

振動マシン

こちらも乗ってるだけでいい系の商品

機械に乗ると振動を起こし、立っているだけで筋トレ&血行促進になります

保証期間が3年と長く、また不具合に対して迅速な対応があり、アフターサービスもしっかりしています

使用時のモーター音は30dB

これは図書館より静かなレベルなので、静音性もかなり高め

耐荷重は150kgなので、ほぼ全ての国民が使用可能

5~10分使うだけでも汗をかくらしいので、体感的な効果は余裕で実感できると思います

自分で動いて運動するのが苦手な方に特におすすめできる商品です

ステッパー

上に乗り、踏み込んで使うステッパー

走るのではなく、一歩一歩力を込めてテンポよく踏み込んでいくイメージ

一回の使用時間が20分と短いながら、1時間水泳をしたのと同等の効果を得られます

耐荷重は150kg。素足で使用しましょう

この商品は組み立てる必要が無く、セッティングすればすぐに使えるのが嬉しい所

脚が基本ですが、付属のパワーバンドを使用することで腕を鍛えることもできます

騒音防止マットが付いてる所も嬉しいですね

テレビを見ながら使えばあっという間に終わるので、継続しやすいのもメリット

マット

マットです。ただただマット

例えば家の床がフローリングだと、腹筋するにも尻が痛いですよね?

しかしこういったマットを敷くことで、そういった問題を解決することができます

大きさは縦183㎝、横61㎝、厚みは1㎝

程よいマット感クッション性、シンプルながらおしゃれなデザインと、流石は天下のアディダス。いい仕事してます

気になるような妙なにおいもなく、総じて使いやすいのが特徴

下手な安物より断然買いです

リングフィットアドベンチャー

リングフィットアドベンチャーNintendo Switchで遊べるゲームソフト

運動することで物語を進めていく、フィットネスとRPGを掛け合わせたゲームです

運動が苦手な方でも継続しやすく、しかもゲームなので普通に楽しい

ゲーム好きなら特におすすめしたい商品です

実はこのゲームは僕も持っていて、実際にプレイしています

レビュー記事も書いているので合わせてどうぞ

まとめ

Amazonで買える運動グッズについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか

単純に『外で走る』とかすれば安上がりで済みますが、継続できないのが人間というもの

運動をサポートするグッズを利用することで、楽しく、そして効率的に運動を続けていきたいものですね

以上、まるをでした

それではっ

スポンサーリンク
Amazon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まるををフォローする
スポンサーリンク
まるろぐ日和。

コメント

タイトルとURLをコピーしました