Amazonで買える!大人気スキー・スノーボード用品6選

Amazon
スポンサーリンク

ミスターインドア、まるをです

寒さの強くなるこの時期、白い雪山を見るとスキースノーボードをやりたくなる季節

僕は根っからのインドアですが元々山育ちなので、小さい頃はよく親に連れられてスキーに行っていました

今でも『たまには滑りたいな~』なんて思ったりもします(結局行かないけど)

そこで!今回は【Amazonで買えるシリーズ】として、スキー・スノーボードで役立つ人気グッズ5選を紹介していきたいと思います

それでは行ってみましょ~

スポンサーリンク

ゴーグル

Amazon’s Choiceの商品

男女で使用できるフレームレスタイプのゴーグル

硬く、壊れにくい球面レンズは180度超の広角視野

またダブルレンズ使用により、外気とレンズ内の温度差を抑えられ、ゴーグル内が曇りづらくなります

紫外線にも強く、UV400以内の有害な紫外線を100%カットします

レンズの着脱やベルト・調節&取り外しも可能で、ヘルメットにも対応

ゴーグルに加え、保護ケース保護袋も付いてきます

 【この商品のGOOD意見】

  • 1万円以上のゴーグルと遜色ない
  • 視界良好
  • 見た目がカッコいい

 【この商品のBAD意見】

  • 眼鏡は入るがキツめ

ワックス

Amazon’s Choiceの商品

初心者でも扱いやすいスキー&スノーボード用ワックス

ワックス、コルク、ブラシ、クリーナーが付いているセット商品

『ワックスと言えばガリウム!』というくらいメジャーなので、何も持っていないならこれ一つ買っておけば間違いなし

 【この商品のGOOD意見】

  • コストパフォーマンスに優れる
  • 初心者に扱いやすい
  • 小型ポーチ付きで持ち運びに便利

 【この商品のBAD意見】

  • ワックスのサイズが小さめ

スノーボードケース

Amazonベストセラー1位の商品

スノーボードを運ぶのに便利なスノーボードケース

ボードの他、ウェア・グローブ・ゴーグル・シューズ等、まとめて収納可能

リュック・肩掛け・手掲げの3WAYスタイルになっており、状況に合わせた持ち運び可能

Sサイズ(150cm)とLサイズ(160cm)から選べます

 【この商品のGOOD意見】

  • 縫製、生地がしっかりしている
  • 諸々詰め込めて便利
  • 防水加工あり

 【この商品のBAD意見】

  • サイズ感がギリギリ。というか小さい
  • チャックが全開まで開かなかった

リフトチケットホルダー

Amazon’s Choiceの商品

リフト券を入れる。そのためのケース

ケース本体伸縮リールカラビナベルトストラップが付属

オートリールの長さは最大で60cm

またリールは裏側のクリップで固定することも可能

スキー場のおいて必須のアイテムです

 【この商品のGOOD意見】

  • 2wayで使いやすい
  • しっかりしていて丈夫
  • 小銭やお札も入る

 【この商品のBAD意見】

  • 可もなく不可もなし

ヒッププロテクター

Amazonベストセラー1位の商品

スノーボード等の転倒時の下半身のケガを防止してくれるプロテクター

プロテクターが目立たないスリムなシルエット

伸縮性に優れた生地は、高いフィット感快適な着け心地を実現

独立した気泡を含んだ立体気泡体が、圧力を効率よく緩和します

クッションパットは取り外すことも可能

男性・女性両用の取り揃えあり

 【この商品のGOOD意見】

  • お尻の衝撃がかなり和らいだ
  • 3シーズン使っても壊れない
  • コストパフォーマンスに優れる

 【この商品のBAD意見】

  • 規定サイズよりキツい
  • 生地は薄め

帽子

Amazon’s Choiceの商品

ニット帽とネックウォーマーが一つになった…と思いきや実は別々になっている

ユニセックスで使える5つのカラーバリエーション

シンプルなデザインはコーディネートもしやすく、ファッションアイテムとしても打ってつけ

柔らかい裏起毛素材は、頭、耳、首元を暖かく包み込みます

スキー場以外でも役立つ、冬のオシャレアイテムです

 【この商品のGOOD意見】

  • 見た目がカッコイイ
  • 着け心地が良い
  • とても暖かい

 【この商品のBAD意見】

  • 繊維屑がたくさん出る
  • 写真がフルフェイス型と間違えやすい

まとめ

Amazonで買える人気のスキー・スノーボード用品について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか

どれもあると便利…というか普通にマストアイテムだと思うので、ここで足りない物に気付いたなら、是非購入をおすすめします

以上、まるをでした

それではっ

スポンサーリンク
Amazon
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まるををフォローする
スポンサーリンク
まるろぐ日和。

コメント

タイトルとURLをコピーしました