京都アニメーションのおすすめ作品を紹介します

漫画・アニメ
公式HPより
スポンサーリンク

京アニ大好き、まるをです

業界でも高い評価を得ているアニメ製作会社である京都アニメーション

凄惨な事件があり心痛の日々ですが、そんな時こそ京アニを盛り上げてその素晴らしさを伝えていけたらなと思っています

それでは早速いってみましょー

スポンサーリンク

涼宮ハルヒの憂鬱

極々普通の男子高校生キョン、彼の視点からその映し出される世界には、いつもその中心に女子高校生ヒロイン涼宮ハルヒと団体「SOS団」(世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団)での活動を中心にさまざまな登場人物と日常的非日常があった…

出典:wikiより

京アニ一番の名作として挙げる人も多いであろう、屈指の人気作品

あの有名なエンディングのダンスも見たことある人が多いのではないでしょうか

この作品は色々と変わっていて、主人公のキョンのフルネームが謎だったり、キョン目線のストーリー進行で心の声が多く取り入れられていたり、エンドレスエイトという伝説の回があったり、

当時のアニメとしてはかなり革新的だったんじゃないかと思います

僕自身、その設定といいストーリーといい、意外性に驚かされるばかりでした

パチンコはあんま当たらなかったけどね(遠い目)

劇場版でスベる作品って結構あるんですけど、ハルヒはそちらも良かったんでおすすめです

劇場版見ると長門ちゃんを一気に好きになるよ

CLANNAD

怪我でバスケットボールを断念し不良となっていた主人公の岡崎 朋也は、ある日学園前の坂道で女子生徒の古河 渚と出会う。これは、彼と彼女と、彼が通っている私立光坂高等学校で出逢う人達との交流と成長の物語。 

出典:wikiより

僕史上、最高のアニメにして最も泣いた作品

アニメのランキングを作るなら、間違いなくクラナドを1位にする。そう断言できる程に心を打たれました

ちなみに風子の件はギリギリ我慢できたものの、汐はもうホントダメだった。涙腺崩壊した

京アニとしては初期の方の作品なのでまだ絵が現在の京アニっぽくない感じなんですが、

寧ろ2007年当時の作品でここまで絵のクオリティが出せるのは京アニならではと思います

Keyの作品は本当に涙を誘うので、思いっきり泣きたい時には迷わず見ることをおすすめします

けいおん!

私立桜が丘女子高等学校(桜が丘高校)を舞台に、主人公で楽器の弾けない平沢唯は、田井中律秋山澪琴吹紬の三人と共に、練習・合宿・学園祭とゼロからの音楽活動を行っていくのだった…

出典:wikiより

女子高生バンド旋風を巻き起こし、一大ブームを築いた京アニを代表する音楽作品

音楽要素より日常中心の作品でありながら爆発的な人気を博し、原作漫画は瞬く間に品薄状態、楽器業界でも売り上げに貢献、高校の部活動における軽音楽部の部員増加etc…

各所に多大な影響を及ぼしました

これは純粋な音楽を楽しむのではなく、可愛い女の子達によるユルめの部活風景に癒される

といったニュアンスのアニメです

恐らく京アニ以外の会社が製作していたら、ここまでの人気作にはならなかったと思う

それくらい京アニの影響力を感じることのできる作品です

氷菓

「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーとする省エネ主義者の主人公・折木奉太郎は姉からの勧め(脅迫)をきっかけに廃部寸前だった古典部に入部する。そこで出会った千反田えるに推理力を見込まれ、しばしば成り行きで探偵役を務めることになる

出典:wikiより

『私、気になります!』と言いたくなる京アニ初の推理系作品

といっても見た目は子供な名探偵アニメのようなぶっそうな事件が起きるわけではなく、

日常のちょっとした謎を解決していくというのが基本スタンスです

ただの日常推理と思うなかれ、推理に関して非常に深く考えられていて、

様々な伏線を回収していく主人公・折木の推理力は、日常推理ものの中でもかなり高い完成度を誇っています

京アニが手掛けた推理ものってこれだけなんで、一見の価値ありです

中二病でも恋がしたい!

高校生になった富樫勇太は、中二病だった過去と決別したが、入学式の前日の夜、自宅マンションの上の階から降りてきた眼帯をつけた少女と出会う。翌日、勇太は学校で彼女と再会。クラスメートになった小鳥遊六花は『邪王真眼』の持ち主と名乗る中二病で、勇太と半ば強引に「契約」を結び、勇太につきまとうのだった…

出典:wikiより

中二病×ラブコメというユニークな発想で人気となった作品

コメディ色多めながら、実はヒロインに結構重めの過去があったりと、その意外性にも驚かされました

一つ面白い特徴として、六花が眼帯を外して突入する、中二病的バトル展開が無駄に凝っているという点

もう確実にアニメだからこそできる表現であり、『これ現実だとどう見られてんねん』って想像するとなんか笑えます

あと名前が結構特徴的で面白いと思う(凸森とか五月七日とか読めんわ)

京アニの表現力が光る良作です

Free!

2013年7月8日にKAエスマ文庫から発売されたライトノベル『ハイ☆スピード!』(著:おおじこうじ)を原案にした作品。
小学生のスイミングクラブでの優勝以降、水泳から遠ざかっていた主人公たちが高校在学中に設立した、男子水泳部での日々を描く。

出典:wikiより

水泳で紡がれる男子高校生達の、絆と友情の青春ストーリー

京アニ作品としては非常に珍しい、男子水泳部をメインとした女子がほとんど出ない作品

その人気は凄まじく、テレビアニメは3期まで放送、劇場版は4作公開と京アニを代表する作品の一つとなりました

人気の要因はいくつかありますが、やはりなんと言っても京アニのお家芸である美しいキャラクター

カッコ・可愛い系を生み出すのはお手の物ですが、Freeの男子水泳部員達はとにかくイケメン揃い

イケメンだけならまだしも、主人公を始めとする個性豊かな面々が織りなすストーリーは、

笑いあり涙あり友情ありと全アニオタ女子の心を掴むのに時間はかかりませんでした(まるを談)

あと京アニって『水』を描くのが凄く上手いと感じてるので、そこも理由の一つかなと思います

響け!ユーフォニアム

北宇治高校は10年ほど前まで吹奏楽の強豪校だったが、今ではすっかり落ちぶれている。入学式で聞いた校歌演奏も酷いものだったが、小学生の時から吹奏楽を続けている黄前久美子(おうまえ くみこ)は級友たちの誘いを断れず吹奏楽部へ入部する。その入部メンバーの中には高坂麗奈(こうさか れいな)の姿もあった…

出典:wikiより

吹奏楽に青春を懸ける、高校生達の熱い季節が幕を開ける

同じ楽器系アニメであるけいおん!とは違い、かなりガチめに吹奏楽に注力した内容になっています

勿論それだけでなく、受験や恋、仲間同士の衝突、親との確執など思春期特有の悩みがドラマ仕立てに展開されます

アニメは2期、及び劇場版と人気を博しました

個人的には主人公の【黄前久美子】が好きです

おーまえちゃんって結構ギャップがあって、家と学校だと全然キャラが違う感じなんですよね

でも作ってるとかじゃなくて、どちらも自然。学校では学校の、家では家の顔を使っているみたいな、そんな印象です

それって誰しも結構あるあるな話じゃないですか?

そこを自然に表現できているところに共感が持てます

意外とここまで二面性があってかつ自然体な主人公ってあんま見ない感じがするんで、その辺りも注目して見て貰えたらと思います

まとめ

京アニ作品についていくつか紹介しましたが、いかがでしたでしょうか

やはり京アニは他と比較しても素晴らしく絵が綺麗で、内容も申し分ないと感じます

この素晴らしい作品達が、この先ずっと色褪せずに残り続けていくことを切に願います

そしてまた、新たな京アニ作品が生まれることを信じて。

以上、アニメ紹介でした

それではっ

スポンサーリンク
漫画・アニメ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まるををフォローする
スポンサーリンク
まるろぐ日和。

コメント

タイトルとURLをコピーしました