声優になるにはアミューズメントメディア総合学院に行けばいい

趣味
AMG公式サイトより
スポンサーリンク

二次元大好き。まるをです

『夢を、夢で終わらせない』

この単語を聞いたことがあるでしょうか?

そうです、『アミューズメントメディア総合学院』のCMでお馴染みのあのセリフです

深夜アニメなんか見てると時々流れるので、印象に残っている人も多いと思います

実は業界でも非常に注目されている学校で、特に声優を目指すなら調べておいて損はない学校です

今日はそんな『アミューズメントメディア総合学院』の情報についてまとめてみたので、見て頂ければと思います

スポンサーリンク

基本情報

アミューズメントメディア総合の基本的な情報についてまとめました

名称アミューズメントメディア総合学院
略称AMG
住所(本館)〒150-0011
東京都渋谷区東2-29-8
新館〒150-0011
東京都渋谷区東2-27-9
2号館〒150-0011
東京都渋谷区東2-14-14
3号館〒150-0011
東京都渋谷区東3-22-13
連絡先0210-41-4600
設立1993年12月6日
アミューズメントメディア総合学院 テレビCM 2014 『産学共同:声優』Ver.

全部で本館・新館・2号館・3号館の4つから構成され、各館ごとに違った特色が見られます

例えば本館にはPC環境を充実させた設備が整っていたり、新館・2号館には、声優学科のためのMAスタジオを中心とした設備が充実…といった具合です

アクセスについては以下の通り

アミューズメントメディア総合学院HPより

本館まではJR山手線・埼京線・東京メトロ日比谷線「恵比寿」駅下車 徒歩5

東急東横線「代官山」駅下車 徒歩7分です


そしてもう一つ、大阪に拠点を構える大阪アミューズメントメディア専門学校についても載せておきます

名称大阪アミューズメントメディア専門学校
略称大阪AMG
住所〒532-0011
大阪市淀川区西中島3-12-19
連絡先0120-41-4648
大阪アミューズメントメディア専門学校テレビCM 映画『みつばちマーヤの大冒険2』ver.

東京校と違い複数の校舎があるわけではありませんが、一つの施設に多くの最新設備を取り入れているので、

様々なカリキュラムを一つの施設で完結できるという強みがあります

大阪アミューズメントメディア専門学校HPより

学科について

学科について説明します


  • ゲームプログラマー学科
  • ゲームプランナー学科
  • ゲーム・アニメ3DCG学科
  • アニメーション学科
  • キャラクターデザイン学科
  • マンガイラスト学科
  • 小説・シナリオ学科
  • 声優学科


上記の8つの専門学科があります

『総合学院』というだけあってやはり多いですね

それでは一つ一つの学科について見ていきましょう

ゲームプログラマー学科

早い話、ゲームを作る学科

プログラミングを学び、一からゲームを作り上げるゲーム設計者ですね

大きな特徴としては入学して程なくゲームを作り始めるという超実践的スタイル

講義で基礎的な知識を深めつつ、同時進行でゲームも作っちゃうというから驚き

なんと入学して半年で一つのゲームを作り上げるとのこと。え、普通に凄くない?

プログラミング初心者の集まりが半年でゲームを作っちゃうんですよ?ヤバいですね

とにかく効率重視。『習うより慣れよ』が持ち味の学科であると言えます

2年次にはAR・VR開発の技術を身に着けられるカリキュラムもありますよ

アミューズメントメディア総合学院HPより

ゲームプランナー学科

ゲームプランナーとはゲームのジャンル・キャラクター・シナリオ等を細部まで考え、形にしていくゲームの企画者

ゲーム監督と言い換えてもいいかもしれません

アミューズメントメディア総合学院HPより


ゲームを想像し、それを実際に形にし、企業にプレゼンして売り込む

この3つの流れを柱とし、プロのプランナーを目指すべく技術を磨いていきます

こちらも講義と共に製作をゴリゴリ行っていくので、最短で技術と知識を身に着けることが可能です

ゲーム・アニメ3DCG学科

日々進化する3D技術。

この学科では、そんな3D技術に特化したクリエイターを目指すための勉強を行います

成長の一途を辿る3Dですが、クリエイター自体の人数は実はまだまだ少なめ

そういった意味では、無限の可能性を秘めていると言えるでしょう

ちなみに以下のような仕事に就くことができます


アミューズメントメディア総合学院公式HPより


こちらも早くから講義と実技経験を合わせて積んでいきます

ゲーム3科はとにかく実践的なカリキュラムで進んでいくので、キツイかもしれませんが確かな実践力を身に着けることができると言えます

アニメーション学科

アニメーション学科はアニメーター専攻アニメ映画・演出専攻に分かれていて、

どちらを選択するかでカリキュラムも、なれる職種も異なります


アミューズメントメディア総合学院公式HPより


アニメが好きだ!アニメに関わりたい!

って人は原画や作画を行うアニメーターなのか、制作や演出に携わる監督業なのか、

自分が何をしたいのかよく考えてから専攻を決めましょう

ちなみに途中から専攻を移ることも可能(とはいえ初めから決めておいた方がいいですが)

キャラクターデザイン学科

その名の通り、キャラクターデザインの製作を学べる学科

絵を描くことが好き!でも漫画家になれる自信はないし…

なんて人に特におすすめの学科

日常に溢れているキャラクターのイラストを、あなたの手で作成することができるかもしれませんよ?

業種も様々なものがあり、選択肢の幅が多いのも特徴



あとは本業じゃなくココナラとかに登録して副業スタンスでいくのもあり

寧ろある程度自分のやりたいようにやるならそっちの方がいいかも

マンガイラスト学科

基本的に漫画家を目指す人が通う学科

アミューズメントメディア総合学院公式HPより


基礎的な漫画の知識から実技的な講義、実践、理論の探求…

それから最近の流行りであるタブレットによるデジタル環境での漫画の書き方も教えてくれます

漫画家になりたい!でも知識がない…

なんて人はこちらの学科で基盤を作っていくといいかも

小説・シナリオ学科

小説家やシナリオライター、漫画原作者といった文字で作品を作り上げるプロになるための学科

実は僕も他サイトでひっそりと小説を書いているのですが、それはもう恥ずかしい仕上がりとなっております

やっぱりあれです、基礎的な知識とか語彙力がないと小説としてすんごい下手になるなぁと身に染みて感じます

まあ趣味でやってるんで別にいいんですが

ともあれ、プロを目指すなら専門的な人間に学ぶのはありなんじゃないかと思います

2年次からは3つの専攻別授業から選択できるので、自信の目的に沿ったものを選択しましょう

アミューズメントメディア総合学院公式HPより

声優学科

圧倒的な人気を誇るのがこの声優学科

やはり人気の職業ということで、AMGでもこの学科はかなり力を入れています

なんと言っても凄いのがプロダクションへの直接合格率の高さ


アミューズメントメディア総合学院公式HPより


この67.7%という数字は他の専門学校と比較しても群を抜いて圧倒的

人気ながらも中々プロになれない声優業界の事情を考えれば、希望の光となる数字ですね

こちらの学科は夜間や日曜でも通えるカリキュラムもあるので、自分のライフスタイルの合った通い方ができるのも魅力

就職先には青二プロダクションアーツビジョンといった大手も狙えます

代表的な卒業生には…

  • 柿原徹也
  • 羽多野渉
  • 前野智昭
  • 三宅健太
  • 小林祐介
  • 伊藤かな恵
  • 加藤英美里
  • 芹澤優

すんごい人達ばかりですね

募集定員数について

各学科の募集定員数について載せておきます

アミューズメントメディア総合学院公式HPより


こんな感じ

やはり声優学科だけ圧倒的に多いです

学費について

学費について記載します

アミューズメントメディア総合学院HPより


どの学科も初年度・2年次で分かれ、合わせるとどんなに安い学科でも230万円掛かります

この他、別途教材費等もある模様

衣食住の確保等も考えると少し厳しいかもしれませんが、学費サポート・各種制度を利用することで負担を軽減することができます

詳しくはこちらから

メリット・デメリット

アミューズメントメディア総合学院に通うメリット・デメリットについて記載しておきます

メリット

まずはメリットについてです

人気が高い

学校の人気が非常に高いです

『人気がある』というのは普通に考えてプラスにしか働きません

なぜなら…


  1. 人気が上がると知名度も上がる
  2. すると人が集まるのでお金が回る
  3. お金が回れば経営側は講師・設備・システム等を強化することができる


ひたすらこの繰り返し

まさに勝利の方程式ですね

学ランというアニメ専門学校ランキングサイトによると、アミューズメントメディア総合学院は1位、

大阪アミューズメントメディア専門学校も3位にランクインしています

これを見るだけでも人気の高さが伺えます

業界就職率が高い

各業界への就職率が圧倒的に高いです

その高さを証明する資料がこちら

アミューズメントメディア総合学院公式HPより(2017年実績)


各学科の具体的な就職率の実績が見て取れます

実は他のアニメ専門学校のホームページも色々見たんですが、ここまで具体的な数字を出している専門学校は一つもありませんでした

酷い所は具体的な数字すらないっていう…

やはり就職実績というのは学校を決める上で特に重要だと思うので、その点では安心の数字と言えるでしょう

『業界ナンバーワンの実績』というのも納得できますね

夜間も通える

学科によっては夜間通学も可能です

働いてるから通えない…という人にはまさにうってつけ

昼間に仕事をし、夜に学校に通うということができます

体力的にかなりきつそうですが、そうまでしてでも夢を叶えたいなら利用すべきでしょう

デメリット

続いてデメリットについて説明します

お金が掛かる

単純に結構なお金が掛かります

人気の声優学科で見るなら、初年度・2年次合わせて244万円

しかもこれは最低費用です

この他にも別途でかかるお金も当然あるだろうし、そもそもあなたはこの東京というコンクリートジャングルで生きていかないといけません

実家通いならいいですが、上京してくる方も非常に多くいると思います

そうなったら居住費、光熱費、食事代にスマホ代、交通費etc…

プライベートで遊ぶお金だって欲しいでしょう

何をするにしてもとにかく

金銭的な負担が大きくなるのはまず間違いないはず

上記でも説明しましたが、学校側からのサポートを受けることで負担を減らすことが可能なので上手く利用するようにしましょう

辞める人も多い

それなりに辞める人も多いようです

理由は単純に厳しいから

どの学科も実践を重視したカリキュラムを組んでいるので、短期間で覚えることが増えまくり

特に入学直後は慣れない学校生活ということもあり、早々と心が折れてしまうことも

『甘い気持ちと覚悟で入学してはならない』ということですね

入学を考えているあなたへ ~贈る言葉~

ここからは僕が入学を考えている方達へ、少しばかり人生の先を生きた人間として、『夢』を目指すことに対する言葉を贈ろうと思います

偉そうなことを言うかもしれませんが、良ければ見て下さい

環境に満足しない

あなたがアミューズメントメディア総合学院に通うにあたり、声優なのか漫画家なのか、何を志望しているかは分かりません

ですが一つ言えるのは、環境に満足してはいけないということ

どの学科に入るつもりであれ、ほぼ全ての人間がアニメや漫画好きで占めることなるでしょう

つまりは、共通の趣味を持った仲間

そんな人達と過ごす日々は、きっと楽しいものとなっていくことでしょう

でも忘れないで、あなたは何のために『そこ』に来たの?

話の合う仲間と、楽しい日々を送るため?

違うでしょ?夢を叶えるためでしょ?

慣れ合うなと言っているわけではありません

仲間がいることで、それがあなたの心の支えの一つになることだってあると思います

でも流されてはいけない

あなたの仲間はあなたの夢を叶えてくれる訳じゃない

それを絶対に忘れないで

意識は常に高く持つ

自分の『好き』を仕事にするというのは簡単なことではありません

例えば声優なら、3~5%程度しかプロになれないと言われています

100人いたら3~5人しかプロになれないってことです

声優という仕事は昨今、人気の職業となっているので、もっと厳しい状況にあるかもしれません

声質やルックスのいい人達はそれだけでも他の人より有利でしょう

あなたはそれでも、プロになれる自信がありますか?

脅しのように聞こえるかもしれませんが、プロになるためには覚悟を持って臨むことが必要不可欠です

僕も医療系の専門学校に行っていましたが、スマホをいじってる・授業中寝ている・友達と話しばかりしている

そんな生徒も沢山いました

そしてそんな人達は途中で辞めてしまったり、資格試験に落ちたりしていました

意識の低い人間は必ずそうなります

ましてやあなたの目指す夢は数%しかプロになれない狭き門

たった2年しかない学校生活を漫然と過ごしていれば夢を叶えることなんて絶対にできません

周りの人間は夢を共にする仲間である一方、ライバルだと思いましょう

そしてそんな人間達の上位5人に入るように心がけましょう

『そこ』で何を学び、どう行動するか

それ次第で、あなたの未来は大きく変わるはずです

親に感謝する

入学にあたり、その費用は誰が負担しましたか?

多くの人は親が(全額でなくても)負担してくれたのではないでしょうか

もし自分で出していたとしても、親の承認があって入学に至ったのではないですか?

そうであるなら、ご両親に感謝して下さい

どの学科であっても初年度で最低120万円、2年次の金額も合わせると200万円を超える金額が掛かります

はっきり言って大金です

両親はあなたの夢のため、この大金を惜しみなく負担してくれているんです

その事実を理解し、感謝しましょう

あなたの夢は、あなただけの夢じゃないよ

終わりに

どの学科に入るにしても、プロの道というのは遠く険しいもの

甘い気持ちで入学すれば、きっと後悔することになると思います

もう一度、よく考えて

まずはしっかり情報収集。資料請求はホームページから無料でできるので必ずしましょう

そして精査した上で行くと決めたなら、常に全力で努力して下さい

『夢を、夢で終わらせない』ために

皆さんの未来が、明るく希望に満ちたものになることを祈ってます

以上、まるをでした

趣味
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まるををフォローする
スポンサーリンク
まるろぐ日和。

コメント

タイトルとURLをコピーしました