一つだけ明らかにおかしいやつがいます

ネタ
スポンサーリンク

指が短い、まるをです

もうホントにさ、どーでもいいような些細な疑問ってあるじゃないですか。天ぷらの『ぷら』ってなんやねんみたいな

最近僕の中で気付いてしまった、どーでもいいけどなんでや?って疑問が一つあるんで、それを発表したいと思います

興味ない?知ったことか!!ワシのブログや!!

スポンサーリンク

指に関する疑問

まずは右の掌を見て下さい。もしくは左でも構いません

指がありますよね?

その指についてのちょっとした疑問なんですが、とりあえず質問です。一番太くて短い指って何でしょうか?

…はい、そうですね。『親指』です

親指がさ、親指たる所以って知ってます?

僕は知りません

でも親指って言われて、なんか分かる気がしません?

一番太く、力強い木の幹のような印象のあるこの指はまさに『親』を象徴する指であると納得できます

そして反対側にある『小指』。これも納得

細く短いが故に『小指』。誰もが納得の名称でしょう

人差し指』も同様、その名の通り人を差す指と分かりやすい名前

中指』など考える必要もありませんね。5本の指の中央、即ち中にある指なんですから

そして『薬指』。…そう、薬指……

いや薬指ってなんやねん

薬要素無いじゃん。どっから出てきた?

確かに名称を付けづらい部分ではあるけども、薬指は流石に適当すぎやしませんか

but!しかし!物事にはなんでも理由というものがある!

つまり薬指という名称にも理由があるという事だ!

ネットで答えを見付けるのは容易!

しかし僕は敢えてそれをせず、自分で答えを探そうと思う!

頭はただ乗っているだけにあらず!思考するためにあるのだ!

別の言葉から変化した説

そもそも初めは『薬指』という名前ではなく、別の名前だったのが変化していき最終的に薬指になったんじゃないかって説です

例えば『こすり指』とか『かすり指』とか、ニュアンスの近い言葉が時代の変化と共に徐々に変わっていくことってありがちですよね?

この考え方は割と有力なんじゃないかと思う

指を薬として使っていた説

人間の指じゃないよ(こわい)

例えば何かの動物の指を薬として使用していたことから、指の一つを『薬指』という名前にしたんじゃないか。みたいな説

薬と関連付けるなら、実際に薬としての用途があったと考えるのは現実的であると思う

この説も有力

人の指は薬だった説

もうそもそも人間の指は薬なんじゃないか説

赤ちゃんとかって指しゃぶるじゃないですか

それって指をしゃぶると落ち着くからでしょ?

つまり指には『気持ちを鎮静化する効果がある』=薬。みたいな

ちょっと苦しいか

でも赤ちゃんの指しゃぶりは昔からあるから、可能性としては無くはないんじゃないかな

正解発表

さあ有力そうな説を3つ挙げてみました!

それでは結果をネットで検索してみましょうかね!

『 薬指 由来 』で検索 →

…えー、はい、分かりました

wikiに載ってたんで、そのまま引用したいと思います

答えはこちら!

昔、薬を水に溶かす際や塗る際にこの指を使ったことに由来していると言われる説、薬師如来が右の第四指を曲げている事に由来するという説がある。

成る程。薬師如来ね~

いやわっかんねぇよ!薬師如来とか知らねぇよ!

あと『薬を水に溶かす際や塗る際にこの指を使った』って、やりにくくない!?

せめて中指でよくない!?

敢えて動かしにくい指でやるとかドMなん!?馬鹿なの!?

まとめ

やっぱ分からないことはネットですぐ調べたらいいと思います

もっともネットの情報って確実じゃないから、ちゃんと吟味して調べようね!

それではっ

ネタ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まるををフォローする
スポンサーリンク
まるろぐ日和。

コメント

タイトルとURLをコピーしました